青汁を楽しむ

青汁、と聞くと皆さんはどのようなものをイメージするでしょうか。
実際に飲んだことがないという人は多くの人が「美味しくないもの」とイメージしてしまっているのではないでしょうか。
昔そんなテレビCMがあったため、そのイメージが強く残っているという人も多いかと思います。
しかし、実は最近では青汁はそれほど「美味しくないもの」ではなくなってきました。
子供でも飲めるような飲みくちの優しいものも多く登場しているため、初めての人でも簡単に始められるようになっているのです。
ただ、中には飲みくちがやさしくなく、飲みなれるまでが長いものがあるのも事実です。
では、そういった味の部分がどのように違っているのでしょうか?一口に青汁と言ってもその種類は豊富に存在しており、それぞれに味や効果の違いが存在しています。

代表的な青汁としては「ケール」を原料としたもの、「大麦若葉」を原料としたもの、「明日葉」を原料としたものがあります。
それぞれ含まれている栄養素が違っている上に、味にも大きな違いがあります。
まずはこの3つのなかから自分に合っているものを選んでみるのが良いでしょう。
慣れてきたらこれら以外の原料を使っているものにもチャレンジしてみると幅を広げる事ができます。
「ゴーヤ」を使ったものや「海藻」を使ったものなど、通常の青汁とは少し違った原料を使っているものも少なくありません。
そこでここでは、青汁の種類について紹介します。